Art and Documentary Photography - Loading Reception_The_Tale_of_Plane_Book__2.jpg
Events News
The Tale of Plain Books ポーランド写真集展
agata grzybowska
Apr 18, 2019
「The Tale of Plain Books
a Polish photobooks exhibition」

This is a story about seemingly plain books from Poland. Exhibition presents one of the most vivid and quick changing photobook scenes in Europe. The presentation in the 72Gallery contains 24 books  with are the most important photographic publications issued in recent years in Poland.

Part of the exhibition will also includes classic Kodak Carusel slide shows of awarded young generation artists Agata Grzybowska, Anna Orłowska and Łukasz Rusznica.

list of presented books:

"Subterranean River" Łukasz Rusznica,�
"First gentlemen's march" Rafał Milach,
"Greetings from Auschwitz" Paweł Szypulski,
 "Teatr" Tomasz Tyndyk,�
"Invisible Maps" Andrzej Kramarz,
„A-Z, German Polish Illustrated Dictionary" Andrzej Tobis
„Brutal” Michał Łuczak
„Museum Studies #1” Justyna Wierzchowiecka


„9 Gates of no return” Agata Grzybowska
"Alexander" Michał Siarek,�
"11.41" Michał Łuczak, Filip Springer,
"Karczeby" Adam Pańczuk,
"Childbirth" Krzysztof Solarewicz,
 "Salix Polaris", Anna Sielska,
„Echo” Magdalena&Maksymilian Rigamonti
„Neverland” Adam Lach,
„Fruit Garden” Sputnik Photos,
„Międzyczasy” Arnau Vidal Cascalló,


„Futerał” Anna Orłowska, �
"Traces" Weronika Gęsicka,
"Cry of an Echo" Małgorzata Stankiewicz,  
"Lives of the Unholy" Krzysztof Pijarski,
„FROWST” Joanna Piotrowska,
„High Fashion” Paweł Jaszczuk ,
„Disassembly” Bownik,
„Secret Defence” Wawrzyniec Kolbusz.
 

DATE :
17-28.04.2019 ( close : mon, tue)
12:00-19:00 (Last day: 12:00-17:00)

PLACE:
72Gallery
Tokyo Institute of Photography
104-0031 Tokyo, Chuo City, Kyobashi, 3−6-6

Exhibition organised by Tokyo Institute of Photography and TIFF Festival

Financial support from the municipality of Wroclaw and Adam Mickiewicz Institute


今展覧会ではポーランドの写真フェスティバル「TIFF Festival」より、ポーランドの写真集の展示を行います。一見するとポーランドの普通の本についてのストーリーですが、ヨーロッパで最も鮮やかで急速に変化するフォトブックシーンの1つを展示します。そして、プレゼンテーションでは、ポーランドで近年発行されている最も重要な写真出版物である24冊の本をご紹介します。

また、展覧会の一部には、受賞歴のある若い世代のアーティスト、アガタ・グジボフスカ(Agata Grzybowska)、アンナ・オルオーヴスカ(AnnaOrłowska)、ルーカス・ルスツニカ(ŁukaszRusznica)の古典的なスライドプロジェクターでのスライドショーでも作品を上映します。中でも、アンナ・オルウォスカは2017年に第33回東川国際写真祭の受賞をしております。


展示詳細
期間:2019年 4月17日~28日(月・火曜日 休館)
開館時間:12:00-19:00(最終日 17:00まで)
場所:72Gallery
場所:東京都中央区京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

https://tip.or.jp/2019/3238

作品リスト:
「Subterranean River」ルーカス・ルスツニカ
「The First March of Gentlemen」ラファウ・ミラック
「Greetings from Auschwitz」パウエル・シプルスキ
「 Teatr」トマシュ・ティンディック
「Invisible Maps」アンドレイ・クライマルツ
「A-Z, German Polish Illustrated Dictionary」アンジェイ・トビス
「Brutal」ミカウ・ウザック
「Museum Studies #1」ユスティナ・ヴィシュコヴィツカ
「9 Gates of no return」アガタ・グジボフスカ
「Alexander」ミカウ・シアレク
「11.41」ミカウ・ルクザック、フィリップ・ストリンガー
「Karczeby」アダム・パンチュック
「Childbirth」クシシュトフ・ソラウィッチ
「Salix Polaris」アンナ・シルスカ
「Echo」マクダレナ & マクシミリアン リガモンティ
「Neverland」アダム・ラック
「Fruit Garden」スプートニク・フォトス
「Międzyczasy」アルナウ・ヴィダル・カスカロ
「Futerał」アンナ・オルオーヴスカ
「Traces」ヴェロニカ・ゲンシツカ
「Cry of an Echo」マウゴジャータ・スタンキビッチ
「Lives of the Unholy」クシシュトフ・ピヤルスキ
「FROWST」ジョアンナ・ピオトロヴスカ
「High Fashion」パヴェウ・ヤシュチュク
「Disassembly」ボウニック
「Secret Defence」ヴァヴジニェツ・コルブッシュ

主催:TIFF Festival(ポーランド)
共催:一般社団法人TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
協賛:ヴロツワフ市役所、 アダム・ミツキェヴィチ・インスティチュート
 


Agata Grzybowska PHOTOGRAPHER

Agata Grzybowska is a photojournalist based in Warsaw.
Website via Visura

Agata Grzybowska PHOTOGRAPHER is connected to:
Visura site builder - build the best photography websites
Visura's network for visual storytellers
A photography & film archive by Visura
Photography grants, open calls, and contests
A newsfeed for visual storytellers